<< フライヤー解禁!でございます。 | main | 感謝を伝えたい情景 >>
『漆黒を纏った情景』
DSC_7163_20120513_4023_.jpeg
ざぁちょさんです。

座長の楽屋にようこそ。

さて!いよいよ 明後日 5月18日
デザインフェスタの本番でございます。

四年前から年に二回、
参加させていただいてまいりました。

今回は 8回目!
八回目!

末広がりで、良き回数ではございませんか??

うふふ。


8回目でありますけれど、
今回は 今までのパフォーマンスの中で 一番コンパクトなのであります。

一曲のみのパフォーマンス。


あっという間に 終わってしまいますからね!

開演時間は1 6時!!

お忘れなく!

会場巡りが楽しくても、、
うふ。16時5分前には ショースペースにお越しくださいね。

まずは『ギフト』の素敵なダンスパフォーマンス!

情景座も最後に少しだけ 出演させていただきますっ。


それからMCを挟みまして、
情景座のパフォーマンスになります。


どうぞ お楽しみに!!


………………………………

『漆黒を纏った情景』

わたくしの イメージ遊びでございますが、

『漆黒』は『暗闇』よりも
ねっとりと………絡み付くイメージでございます。


『暗闇』は、サラッとしている印象。

『漆黒』は、ねっとり、ねっちり、、
そうですね、、『漆黒スライム』の中で 息が苦しい、、そんなイメージでしょうか。


よく 『ダークサイド』という言葉を耳にします。

まぁ、、どんな善人にも悪な部分がある、みたいな時に使ったりしますかね?

良い人で居ようと思うのに、
フツフツと湧き出す『負の心』


こんなのが、フツフツ湧き出して、
お湯を沸かす様に沸騰して、
それで 煮詰まったら…………

『漆黒スライム』の出来上がり、なのでしょうか。。




暗闇が在るから 光が存在する。

という事を聞いた事がございます。


光があるから、影が出来る訳で、、


うむ、

暗闇と光は、夫婦のようなモノでしょうか?


しかし、、
『漆黒』には、相方が居ないと感じます。


『漆黒』は光をも吸収してしまう、、そんなイメージがあります。


光は、生物の必要不可欠な存在で、、

それを、吸収してしまう『漆黒』は、、

生物でないモノを 好む様な気がいたします。


生きていないもの。
呼吸していないもの。
もしくは、漆黒スライムで窒息したモノ。



己のダークサイドが煮詰まって、漆黒スライムが出来上がり、
で、、その中で窒息するのです。


漆黒の図式でございます。



さて、では、漆黒スライムを作る程の ダークサイド。


これも、わたくしのイメージ遊び。


そんじょそこらの悪女には、無理でしょう。。


もっと、、選ばれし者。


100円や千円なんかじゃない、

もっと、、金銀財宝。


ヤキモチなんて可愛いモノじゃない、

呪い殺す程のジェラシー。。



そう、、
やはり いにしえの女王達。


胃に死を描く程の女王。

意に死を選ぶ程の女王。


いにしえの女王。


死後も、、
己の身から出た『漆黒』を身に纏い、、

絡み付く『漆黒』に 足取りも重く、
しかし確かに その一歩は
かつて女王であった威厳を持ち、、


光の届かぬ夜、、
光すら吸収してしまう漆黒の夜に、

光とは?なんだったか?も
思い出す事さえ忘れて

呼吸の必要がないから
息を詰めて、息を潜めて、

伝えたいのは きっと、、



こちら側においで。

ダークサイドにおいで。。

漆黒で包んであげましょう。
安全に完全に 包んであげましょう。


光を忘れてしまえば、
もう 暗闇を恐れる事もなくなるでしょう。。

暗闇と 一緒にしないでおくれ。

光を捨てたのだから。

欲しいのは、
もっともっとの漆黒。
もっと絡み付く漆黒。

煮詰まったスライムの様な漆黒。。



………………………………

スライム!

二回目にデザインフェスタに参加した時、
予算が厳しくて、、

かといって、ダンスパフォーマンスは 売り物ではないので、、

何か売って 足しにしようぜぃ!


と、当時のすたっふぅが
スライムを手作り!

販売した事がありました。


デザインフェスタに歴史あり、ですね。ふふ。



………………………………

わたくし?

わたくしは、今回は 女装はしませんの。

漆黒を纏った女王達を、、
まぁ、、見守る番人、、

みたいな?ですかねぇ。

うふふ。




漆黒をテーマにしておきながら、
今回は明るい明るいショースペースでのパフォーマンス。


どこまでダンサー達が 濃い漆黒を身に纏えるのか??

明日のリハーサル、頑張りましょうぞ!



では、デザインフェスタでお会いしましょう。


アデュー♪


| - | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
スマホ版
スマートフォン版はこちら
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE