<< 情景座の仕掛け | main | 直前の情景座 >>
『企てのある情景』
たとえば こんな情景はどうだろう。。


王座がひとつ。

王が在る場所。


王は王であるから、、

広大な土地を納め
沢山の民を抱え
莫大な富など、、所有しているかもしれない。


だけれど、王が在る場所は、

王座。

一つの椅子。


飾り立ててはいるけれど、
たった一つの椅子。


そこは、王しか座ることを許されていない、

唯一無二の 椅子。



逆を反せば、

王は王座にしか 在れない。


窮屈。
野望溢れていたのならば、

尚更 窮屈。

なんとも人の一生と同じく
、窮屈。


数十年。
土の上、空気の中、重力の拘束、

その上で成り立つ『生』

『生』は、拘束の上に成り立つものなのか。。


実は、拘束されているのも露知らず

野望を言えば、
頂点 王を目指す。

王になれば、野望は消えるか、、?


この現実。


ナニかを 野望するのだ。



もっと、、の 欲望。


欲望。

拘束されていて、欲望するとは、、
まさに『王』ならでは。

と、、驚くほどの『露知らずモノ』と思う。

欲望を満たすのは、人間には有らず。在らず。


存在しないナニかが、
欲望を煽る。

『拘束』から解き放ちましょう。
と、ましょう、ましょう、の、魔性の声。



存在しないナニかが、煽るのは、

生とは対極になるのじゃないか。


魂。


魂、とは、、
精神。

精神とは、、
神聖。


神聖であるべき精神、魂を

汚す、手放す、、


それは、軽い事ではないとは、露知らず、、

ある意味 重たい成り行き。


誰にも 露知らず、、


それには、企てが必要になる。
ある種の『企て』が、謀られる。



企ての罠に巻き込まれたら、

それは、逃げられないし、

否、逃げてはならない事に決まってしまっているのだろう。


選ばれた『王』のみが
巻き込まれるべき『企て』なのだから。



『企て』

計算ずくなのだ。

それでは、逃げられない。


まぁ、、『王』たるもの、
もっとも『露知らずモノ』であるから、

逃れるつもりが、更々無い訳だ。


更々無い、
更々無いから、

サラサラと王の魂が
音を立てて流れ出て行く。


サラサラ
サラサラ
サラサラ。



流れ出る魂の代わりに

するすると流れ込む情景がある。


するすると足音が聴こえる。


するするなのに、足音が聴こえる。

真っ黒装束のモノ達が、
現世の拘束の代わりに流れ込む。



それが、
死の足音なのか、

『企て』の警笛なのか、


経験しなければ、誰にもわからない。


だけど、経験したモノは、

残らず ゲートに吸い込まれて行くから、

誰も 教えてはくれないのだろう。


サラサラ…………

するする…………。


ロングドレスの衣擦れの音。
例えるなら、それが一番
近い。



『企て』は、、

そう、、、そうだね。

いつも、真っ黒装束のロングドレスと共に訪れる。


あの贅沢に膨らんだドレス。


あの中に、
しっとりと ふっくらと

湿気を帯びて隠されている。
露知らずの露が、隠されている。



色々と、色々と、

白黒の世界であるのに………

色々と、、魂の色が交錯する。

妄想した所で、
結末は 常にゲートに吸い込まれて消えて行くのだ。


今回も、前回も、前々回も、次回も、、


白い
混じりっけのない白の

『情景座』のゲートの中に、
吸い込まれて行く。




サラサラを、
ロングドレスの衣擦れの音に

するするを、
グラスに注いだ魂の飲み下される音に

真っ黒装束達の首を絞めるロープの音が、
するする、するする。。

するするとすする 魂の飲み下される音に。。




露知らずモノな王の耳には、
何が聴こえるのだろう。。。

たった一つの王座。
たった二つの音
サラサラ…………
するする…………




いつでも わたくしの妄想は

情景座のゲートの向こう側に、


聴こえたり、吸い込まれたり、
響いたり、静寂したり、
現れたり、消滅したり、

流れたり、静止したり、、


目まぐるしかったり、
湿気ていたり、


在るものが無かったり

無いものが


そこに、現れたり、、




それが、
『情景座』の『企て』




…………………………………………


『企てのある情景』

2013年5月 19日
デザインフェスタ
シアタースペースでお会いしましょう。

開演時間は、
一回目 12時45分〜
二回目 16時15分〜


アデュー♪

| - | 08:54 | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
はじめまして。
通常のブースに並んでパフォーマンスをされているのをたまたま通りかかった時に見てから毎回見ています。
ダークな感じですがこちらに迫ってくるような非日常な世界観が大好きです。
今回も又見に行きますね。
楽しみにしています!
| きょうこ | 2013/05/09 9:29 PM |
きょうこ様
ありがとうございます!
今回の情景も大切に現したいと思っております。
励みになりました。
コメントをありがとうございました。
| ざぁちょ | 2013/05/09 10:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zatyou.jo-key-the.com/trackback/142
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
スマホ版
スマートフォン版はこちら
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE