ざぁちょさんのご報告
img_5_m.jpeg
大変ご無沙汰しております。
情景座 ざぁちょさんです。

今回は わたくし事のご報告をば。。




ご報告。


この度 わたくし花之枝 香子主宰「T's TAP&JAZZ DANNCE COMPANY」の22年間の活動の幕を閉じる事になりました。

1995年より 劇場での公演活動を目指し 生徒の育成 及び公演活動に力を注いで参りましたが 2017年の4月をもちまして T'sのスタジオ経営に終止符を打つことになりました。

長い間 沢山の方々の応援、沢山の生徒さん達の熱意に支えられて 歩いて来られた道であったと、この場をお借りしまして 心より感謝申し上げます。

「T's」の「T」は、「Theater」の「T」よ!
と、結成3ヶ月後からステージを作り、創作活動に燃えた日々。
時には苦悶しながら 生徒達を怒鳴りながら、ぴーぴー泣きながら、のたうち回りながら、、しかし 沢山の作品を発表出来て 充実した日々でございました。

生徒達との舞台活動

1995年「1st Showcase」
1997年 「2nd Showcase」
1998年 「3rd Showcase」
1999年 「4Carat」
2001年 「5Carat」
2004年 「6Carat」

初めは貸しスタジオで、、そこからライブハウス、劇場公演まで大きくすることが出来ました。

平行してレストランでのショー活動
[Little Dance Theater]

2001年 「1st Wish…Little Dance Theater」
2002年 「2nd Wish… STING」
2002年 「3rd Wish… Holy Night&Jazzy Night」
2003年 「4thWish…Moon」
「5th Wish…TAPじゃむJAZZじゃむ」
「6th Wish …Jacson ジャクソン じゃくそん」
「7th Wish…Color's」
「8th Wish …Summer Cruise」

約一時間のショーをレストランやバーをお借りして上演して参りました。
後半は毎月新作!とか、、どんだけバイタリティー。人間離れが始まった頃。。

プロの方々を招いての自分がメインの劇場公演
[Theater Nut's Project]

2007年「1Peanut …Theater Nuts Project」
2008年「2Peanuts…カレイドスコープの中の惑星」
「3Peanutss…赤ずきんの闇の迷宮」
2009年「4Peanutsss…オーロラの幻惑」

池袋のシアターグリーンを拠点に本格的な劇場公演活動に乗り出しました。
半年に一本!創作欲が止まらず もはや暴走列車(笑)
付いて来れるダンサーが居なくなり 敢えなくピリオド。。ごーん。

そんな訳で、自分独りの活動
2010年 [情景座]

デザインフェスタというイベント会場でソロパフォーマンス。
徐々にダンサーが増え、2014年、劇場公演を行う事が出来ました。

そして、……現在進行中。
ダンサー不足も進行中。。ちーん。

しかし、情景座では、かけがえのない仲間に出逢えました。
外に独りで飛び出す事で 他ジャンルの沢山の方々と出逢うことも出来ました。これは今の自分には財産と感じています。

この22年………T's は 常に自分の創作活動の母体でありました。
社会性0に等しいダンス馬鹿の自分は、指導者という立場が苦悩の連続で、講師としては失格だった様に思います。

しかし、こうして 沢山の作品を残せたことには、 悔いは無し!と思ってもよいかな、、。

T'sは無くなりますが 花之枝は これからも いちダンサーとして、情景座 座長として まだまだ踊って行く所存です。

何でも いつかは終わりがある、それは 次の始まりでもあるし、
何かが終わったり変化しても、変わらないモノがある。

ダンス馬鹿の不器用者の進む方向は まだまだ変わりそうにありません。

5月からは 初心にかえって また張り切ります。

皆様に愛を。

長い間 「T's TAP&JAZZ Dance Company」を応援してくださり、見守ってくださり、激励してくださった皆様

心より ありがとうございました。

花之枝 香子


PS.情景座は まだまだ広がります。
引き続き よろしくお願いいたします。
| - | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0)
『蜘蛛女』の情景
14645970907261.jpg
座長の楽屋へ ようこそ。

5月28日 セッションハウスでのGIAN達による『蜘蛛女』
無事に終演いたしました。

ふふ、情景座の課外活動、、でございますね。

今回も わたくしと 情景座 座員のeme、それから 美和子さんとえーこちゃん♪

いつもの GIAN達四人でのステージでございました。


客席には 情景座ダンサーの 美奈子、愛、絵奈、冴子、すたっふぅの迫さん、
そして、情景座写真部 通称『野鳥の会』の井上氏、金子氏、島田氏、、


皆が 駆けつけてくださり 心強く 舞台に立つことが出来ました。うふふ。


今回はコンテンポラリーダンスの方々 6組とのステージ。

そのコンテダンサー様達の中、
ちょっと 異様に異色なGIANでございましたよ。


…………って、まぁ、、
情景座は 過去のステージでも、常に異様異色ですので、慣れっこ?(笑)

にしても、コンテンポラリー特有の 普段着な感じの中…………、さらに 若い女性ダンサー達の中

どんだけ 衣装が大きいのっ!!
どんだけ平均年齢上げてんだ?って感じの ざぁちょさんでした。


まぁ、、これは裏話、土産話 ということで。。




さて、本題!

今回の作品は 去年11月のデザインフェスタのGIANステージにて、
一曲は『情景座』作品をやりたい!
ということで 創った『蜘蛛女』を 10分作品にリメイクしたもの。

前回 現しきれなかった情景を リベンジな気持ちで改定、肉付けいたしました。



蜘蛛女は、己の子の魂を喰らい 生き永らえているのです。

その喰らった魂を宿した水晶が、ある満月の夜に暴れだし、

蜘蛛女は 我に返り
自分の犯してきた罪の重さにおののき
喰らって殺めた子を想い

深い哀しみと後悔のあまり
己の目玉をくり抜きます。

自分の業である蜘蛛の糸に縛られ
闇の世界を徘徊するのです。

哀しみ色の水晶の玉に導かれ 闇の世界を徘徊するのです。
朽ちる事なく 永遠に永遠に 旅を続けるのです。


水晶は 死んだ子達の魂でもあり、
くり抜いた目玉でもあり、
哀しみの灯火でもあり、、
蜘蛛女の涙でもあります。


そんな 情景でした。



蜘蛛女の髪が紅なのは、喰らってきた子供達の血の色なのですね。

蜘蛛女のドレスが 広がるのは それは蜘蛛の巣なのです。

水晶が、紅色になったり 深い青に変化するのは
死んだ魂達が怒った紅
哀しんだ青、、


登場した脚立は 蜘蛛女の潜んでいる樹木でもあり、

蜘蛛女が高い所に登るのは
死んだ子の魂に近付きたいから。


3枚のゲートは、蜘蛛女の二面性の境界線を表していて
母性と狂気の境目であり、

亡くなった蜘蛛子達は そこから亡霊となって 母をじいっと 見ているのです。



さてさて!
こんな長い物語、
たった10分の 台詞無しのダンスパフォーマンスで、
お客様に 伝わる訳はございませんよね。


でも、不思議な事に その情景は伝わるのでございます。


わたくしたち ダンサーが、そういう気持ちで 空間に立つと
情景は現れるのです。


言葉ではない情景が そこに存在するのです。


それが、わたくしが 芝居ではなく歌ではなく
ダンスパフォーマンスを 選んだ理由であり、

わたくしが、情景座を立ち上げた理由であります。


今回のステージでも、上演時 同じ空間に共に存在してくださったお客様が
この『蜘蛛女』の情景を 感じてくださったのなら、、

情景座 座長として こんなに幸せな事はありません。


ふふふ、GIAN四人で あぁだ こぉだ!と 騒がしく
汗ダクダクでリハを重て来た 甲斐がある、というものでございますね♪


今回も終演後…………
わたくし、これは毎回 感じることなのですが、

情景座の扉を 決して 閉じてはいけないなぁ、、と、

改めて 感じた ざぁちょさんでした。



アデュー♪
| - | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0)
『GIAN』の再びある情景
14634764843750.jpg
大変 ご無沙汰しております。

座長の楽屋へようこそ。

つい先日 デザインフェスタのショースペースにて GIANとしての再びのステージを無事 終えました。

今回も ご覧くださった皆様、ありがとうございました。

それから、いつも駆けつけてくれる すたっふぅの皆様、本当にありがとうございました。


この度のデザインフェスタのステージも、情景座としての参加ではありませんでしたが、
情景座から 繋がって 楽しみにしてくださった皆様、 心より感謝いたします。

わたくしの心の支えでございます。

今回も 一作品は情景座作品をやりたい、と 使命に燃えて 張り切ったざぁちょさんです。うふふ。



『時空先案内人』
この作品は 劇場公演にて生まれた情景。
今回は その世界をソロにて踊らせていただきました。

わたくし、自分には振り付けを創れない性分でございまして、、(やれやれ、ですね)

今回も 情景座 座員でもあるemeに 振り付けをお願いいたしました。

いかがでございましたか?うふふ。


時空先案内人の潜む時空の捻れ世界では、常に雨が降っております。
時空を繋ぐ扉が 沢山あります。時空先案内人は、その扉を管理しておるのです。

そんな世界でございます。



裏話でございますが、、
本番中、途中 傘が オチョコになってしまい、、

おお…………なんということ!!

でも、シラッと踊り通したざぁちょさんでした(笑)
お客様は 演出でオチョコにしたと思われた様で、(効果的だったらしく♪)ふふふ、なんだか得した気分でございますね。


リハの時は 用意した傘の骨が折れ曲がってしまったり、
途中で 閉じていた傘が ワンタッチボタンで開いてしまったり、
もちろん、オチョコになったり、、

小道具扱いというものは、いつも難しいものでございます。


このナンバーに限らず、練習を重ねても 100% 安心!というものは 生のステージには なく…………

そうですねぇ、、言うなれば

リハを重ねるという事は
何が起こっても 本番中にステージ上で、
その情景の中に、存在し続ける為の何者かになる、、

そんな変身儀式なのかもしれません。


こんな お話をしますのも、

つい先日
色々なダンス団体があるよね、
リハをあまり重ねない場合もあるらしいよね、
時代は変わったよね、
我々は どうやって行こうかね、
どうステージに向いて行こうかね、

そんな感じの会話を 仲間達としたからかもしれませんね。


なんにせよ、
己の信じた事を 曲げずにやる。

良いにせよ 頑固にせよ、多少たまにマイナスにせよ、、(笑)

そんな年代のざぁちょさんです。GIAN達でございます。



さて!
まだまだ 進んで参ります。

次回は 5月28日 神楽坂のセッションハウスにて、
『蜘蛛女』を上演いたします。


この作品は 去年11月に GIANステージの中で 情景座作品として上演したものでございます。

前回 出しきれなかった情景を、二曲構成に膨らませて 上演いたします。

皆様 どうぞ お楽しみに!


今回、GIANのステージを観てくださった方から
『次々に色々な情景が見られて楽しかった!』と感想をいただきました。

『情景座』の名前で踊らずとも、パフォーマーの存在で 情景は現れるのですね。
その事を 改めて感じたざぁちょさんです。

正に 情景座のプロットである
『神出鬼没の唯一無二の…………』


わたくし、今回 改めて、ステージにおける『情景』の 存在の美しさと意味を 、追い求める理由を
改めて、改めて、今さら改めて 感じ入ったのでした。
そして、とても嬉しく幸せに感じました。


まだまだ、これから!でございますね。

アデュー♪
| - | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0)
訂正!のざぁちょ
14500102922490.jpg
ざぁちょさんです。

間を空けずに 座長の楽屋へようこそ!


本日は、、、皆様に訂正をば。。


実は今日 ジャズダンスのクラスを開講したのですが、

稽古後、情景座ダンサーの一人に
『先生、座長のブログ、年数間違えていましたよね?』と指摘され、


ほげ?

(-_-)

なんと、今年は2015年で、
よって、劇場公演は 2014年の事であり、、


わたくし、そこいらの記憶が曖昧でありました様で、、

ちょいと 一年 先に生き急いでおりました。。


前回の GiaNの情景ブログ、
年代を間違えておりますことを、訂正ととともに、おわび申し上げます。

ビックリされた方、お許しを。

『いつもの座長の勘違いね』とスルーされた方、はい その様で。。失礼いたしました。


わたくし、どうも年末は特に!来年に想いを馳せるあまり、頭が一年進んでしまう様でして、、やれやれ、でございます。


さらには、本文を訂正しようと試みるも、ログインのパスワードを すっかり忘却しておりまして、、

これこのように 訂正ブログにて失礼させていただきます。


お騒がせいたしました。



いやしかし、何ですね、
2015年と2016年は、たった一文字しか違いませんのに、、間違えたらいけないのですね。


うふふ。



さて、
今日のクラスは 年内踊り納めの方も何人かいらっしゃり、実際はあと一回 クラスはあるのですが、、

年末感が半端なくございます。


まだ 半月残っておりますが、、
来年も淡々とクラスを開講出来ますようにっ!

と、今年の干支(何でしたかね?)に願いをかけて、、


また お会いしましょう!

ではでは、取急ぎっ!

アデュー♪
| - | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0)
『GiaN』の情景
14497074618430.jpg
そろそろ 冬の足音が 騒々しくなってまいりました。

ご無沙汰 いたしております、ざぁちょさんです。

皆様、ようこそ この『座長の楽屋』へ。。


さて、、
まぁ、、、、、
最近の わたくしの反省点でございますが、、

今回も 事後報告!になってしまいました。
反省しております。ごめんなさい。



去る11月22日に、デザインフェスタのショースペースにおけるパフォーマンスを 無事終えました。


本来ならば 上演前に告知をし、、少しでも多くの方に 足を運んでいただきたい所、、
あぁ…………この!事後報告!!

いくら、本番前が多忙とはいえ 反省でございます。。
そんな中、情景座がデザインフェスタに参加するらしい!と、応援くださった皆様!御覧くださった皆様、お声かけくださった皆様、、
ありがとうございました。

どれだけ嬉しく またわたくしの心の支えとなったことか、、心より感謝いたします。



さて…………

今回のデザインフェスタ参加、
従来とは 違いまして、
『情景座』としての参加ではございませんでした。


これには、色々と運命のイタズラが。。

まずは少し この経緯についてお話しいたしますね。

はじめ 情景座はショースペース参加の抽選に 落選してしまったのです。

すでに参加ダンサーを少なからず集めておりましたが、一度 解散となりました。
そんな風に始まった今回のステージでございました。


しかしその後事態は一転しまして、参加可能との連絡をデザフェス事務所からいただきました。
そこで!再度招集となったのですが、

情景座側の出演者が集まらない、、という残念な流れになりまして、、

わたくし、今回は参加見送りを 覚悟しておりました。

そんな時、
座員emeが、このチャンスを生かしたい!!
と。。

で、わたくしも『そりゃそうだ!』と。。

ふふふ。その辺の温度が 座員emeとは同じなのでざいます。ふふ。


最近はlineという便利なものがありますからね、そりゃもう lineにて燃え上がる情景座 座長と座員!の図でございました。


そこで
情景座としての参加はあきらめましたが…………

以前情景座と共演してくださったダンサー様達と共に

ダンスユニット結成!となったのでございます。



この決定に至るまで 日数を要してしまい、
リハ開始が 遅れてしましたが

過去共演経験もある方々、
それも、それぞれがデザフェス出演経験も舞台経験も豊富な方々、

さらには!なんと、皆様 ダンスチームを率いている方々!


本当にそりゃぁもぉ、、
わいのわいのと リハーサルに突入いたしたのでございます。



わたくし この十数年、
振り付け演出構成と出演、という立場にございましたので、
共作の作業が 楽しくて幸せでございましたよ。

ひとつ言えば 三つ返ってくる。

流石の面々でございました。


才能、個性、知識、経験を 手弁当で持ち寄る。。

そんな今回のステージでございました。

『GiaN』
美和子ちゃん、えーこちゃん、emeちゃん、そしてわたくし(シャア大佐的性格により しゃあちゃんと呼ばれております ははは)
この四人でスタート。
そして もう一人!フェルナンデス君も加わり 五人となりました。


ユニット名を決めるとき(もちろんlineで!(笑))
色々 お茶目な名前やカッコイイ名前も多々候補に上がったのですが、、

確か えーこちゃんだったかな、
『わたしら お山の大将よね』発言から ジャイアンみたいだね、となり、


『ジャイアン、良くない?』
となり、、

『GiaN』に、、、!!(笑)


この 遊び心が、今回のGiaNステージの 真髄だった様な気がいたします。


まずは emeが 作りたかった作品を

そして わたくしもステージに上げたい作品を

えーこちゃんも作りたい作品を

フェルナンデス君と美和子さんにソロを


そして、最後は皆で うお〜♪という作品を、、


それぞれが 前後の流れを読みつつ 個性的な世界を、
それはもう あっという間に作った感がありました。


…………やりたい放題…………(笑)


衣装 、道具類、パソコン仕事、印刷物、音響関係、スタジオ取りにリハに…………
それぞれが やれる事を バシバシ進めていく、、


とても 変な言い方ですが、
損得関係なしのアマチュアのパワー!

それでいて 皆 とても視野が広くて優しいの。


まさに ジャイアンな集まりでしたよ。(心の友よ!!)



今、GiaNを振り返って…………
わたくしは、情景座 座長として学び得た所が多々あり、
今後に生かして行ける♪と GiaNメンバーに感謝の気持ちで一杯でございます。



ここは、情景座 座長の楽屋でございますから、その立場からの気持ちになりますが、

もう五年?も前になりますか、、
団体でのダンスパフォーマンスに限界を感じ、ソロパフォーマンスから始まった情景座。

数回のソロ活動を経て、

やはり多数でのパフォーマンスの価値や意味を感じて 多人数で作品発表を重ねた数年、

そして、昨年2015年の情景座の集大成的な意味を込めた劇場公演。


その後、わたくし思う所も多々あり、少し活動が 途切れてしまった所に 今回のGiaNステージ。


今 わたくしは新たに 情景座の今後に夢を馳せております。


皆様、
情景座はアマチュア集団にしては 全てが大掛かりで、、(ご存知かと思いますが、ははは)
なかなか簡単には 次のステージ!次の作品!とは 思うようにならない日々もございますが、

情景座は まだまだ進化して参りたいと考えております。


2016年の終わる頃、このような流れを向かえ…………


実は内心ホクホクしておる ざぁちょさんなのでした。



今後はなるべく 座長の楽屋の扉を開くようにいたしますっ!(雑談であろうとも!)
ふふ。


どうぞまた お越しくださいませね。


アデュー♪




| - | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0)
紅で繋がれた情景
14377420949420.jpg
情景座 座長の楽屋にようこそ。

最近 少しばかり揺れ動いていたざぁちょさんです。
皆様は いかがお過ごしでしたか??



色々な事がございますが、、
それでも 情景座の扉は開く。


扉が開くのならば、
わたくしは 情景をこの世に現します。現さねば!でございます。


その使命。
有り難い事でございます。

なんと申しましょう?

『使命』と言うと たいそうなのですが、

命の使い道は、色々とあるわけで、、
沢山の使い道のあるなかで


『情景をダンスパフォーマンスを駆使して現す』
その事に 命を使えるのは、本望でございますね。

まぁ、逆を言えば 自分の望む程に使命を果たせない時、、苦しくもあるのですが。。




『苦しい』となると
わたくし 出産などを思い浮かべるのです。(作品創りは、産みの苦しみ、とも言います)

おっと、、
話が飛躍しますね。ふふ。
まぁ、しばしご辛抱を!




で、、
出産となると、産み出すのでありまして。
産み出す事が 使命になる…………そんな数ヵ月、でございますが。

いざ 使命を果たす、というその時、

臍の緒を切る、という儀式が行われます。


飛躍しまくりで、わたくし自身も、上手く言えないのですが、、


使命を背負った時から 使命と自分を繋ぐ 『臍の緒』
紅いヒモ

使命を果たす時、切り離すのです。


何か、わたくし 納得するのでございます。


あら、、
煙に巻きました?でしょうか。。


さて、、
そんな 紅く繋がれた情景。

何者と?何と??


それは 女性のみの情景でして、、


使命にガンジ絡まった女性。
紅のヒモ。
逃亡叶わず、使命も見失い、

使命を見失っても、使命に突き動かされる事というのは、よくあることで、、

命の使い方辞典でも あったなら、、
詳しく記されているのだろうか。。


さて!

そんな情景 いよいよ明日
情景座の扉が開きます。

いつも 情景座を応援してくださる森野王子ちゃんのライブです!

今回は 座員emeの振り付けでございますぞ!!

emeの振り付けは、超早くて複雑♪
ダンサー達のリハを見ていて

女性、使命、臍の緒、自由、囚われ、、紅の口、紅の繋がり、紅の真実、、


ランダムにそんなイメージに 心馳せたざぁちょさんでした。


明日のステージ情報は 座員の楽屋へ!、


ふふ、今回は とりとめもなく、、失礼いたしました。


また、この楽屋で、お会いしましょう。



アデュー♪

| - | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0)
座長不在の情景座
14312373114290.jpg
大変 ご無沙汰しておりました。

ざぁちょさんです。
座長の楽屋にようこそお越しくださいました。


なんとまぁ、、本日のタイトル …………

『座長不在の情景座』


なんだか、ショッキングでございますね。ふふ。


昨年の劇場公演以来、ほとんど楽屋の扉を閉めきっておりましたが、
はい、ちゃぁんと 情景座は 生きうごめいておりましたよ。

ステージの無い時は、ダンサー達と 稽古に励んでおりました。


さて、この楽屋では、事後報告になってしまいましたが、、
実は昨日 とあるイベントのステージに情景座を 現しました。


それがなんと、
情景座 発足以来 初の
『座長不在の情景』、

ふふ、つまり、
わたくし ざぁちょさんは その場におりましたけれども、ステージに立ちませんでした。
情景座 初の『座長不在』。でございました。



それには いくつか理由がありまして、

わたくし、一度 客席から客観的に 情景座を見てみたかったのです。

自分が出演しない事で 作品創りに専念したかったのもございますし、
それを通して、ダンサー達を育てたい想いもございました。


それから もう一つには
わたくし、最近は身体がポンコツで(笑)納得の行くパフォーマンスを出来ない状態であったからです。
ふふ、少し弱気なざぁちょさんでしたね。

そんな事もあり、1回 お休み♪という感じでした。。



掲げた目標は
ダンスパフォーマンスのみで 情景を現す!!

座長抜きで情景を現す!!
でございましたよ。

そんな訳で なんと、、!!
これも情景座初!
情景座発足以来、初めて
『ゲートも不在の情景!!』という挑戦もいたしましたよ。



この 初づくしの挑戦、
わたくしには、得るものが沢山ございました。


少しの不安も曇りもなく、
昨夜のステージにはいつもの『情景座』が現れ、

情景座にしか現せない世界があったと感じました。

これが大きな収穫でした。



ステージが始まり、、
最初は 少しハラハラしていたわたくしですが
すぐに、『大丈夫!情景座の扉が開いたっ!』
と確信し 幸せに客席におりました。

愛、絵奈、美奈子、華子、
素敵な情景をありがとう!!

それから、スタッフサイドに居ることで、
今までもこれからも、本当に沢山の人達に支えられて 演者というものは、ステージに立つのだ、と、

改めて周りの方々への感謝と、ステージに立つことへの責任と誇りを 感じることが出来ました。

これも、大きな大きな収穫。


さて、
皆様、そんな情景座の昨夜のステージ。YouTubeのアップをお待ちくださいませね♪



タイトルは
『映り込む情景』

何か…………
いつもある、当たり前のモノ、人、時間、空間、
そこに、ふと映り込む情景。
知らなかったのに、映り込む影とか光とか、、

知らないだけで、そこに現れて 希望だったり、苦悩だったり、

そんな情景。。

…………

『座長』も『ゲート』も、
情景座には常に存在して参りましたが、、


それが無くても 情景は
情景座のダンサー達の身体を通して現れるのです。

情景は 現れるのです。


今回のステージを通して
情景座の可能性が広がりました。
ますます 今後が楽しみになってきたざぁちょさんでした。


皆様、どうぞ今後とも情景座を どうぞよろしくお願いいたします。


さて、、
わたくしは ポンコツの治療を頑張りますね。



アデュー♪


| - | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0)
試行錯誤の日々の情景
NEC_0542.JPG
二月でございます。

座長の楽屋にようこそ。


二月でございますね、(しつこい)
最近のわたくしは、色々なジャンルの稽古に励んでおります。


バレエはもとより、ジャズももちろん、、
それと、ヒップホップやヒップホップジャズ、ガールズヒップホップ。

この、ガールズヒップホップ、
これをですね、『ぼくは最近 ガールズヒップホップも習ってる』と、言いますと、大抵 皆に笑われるのですが。。

(おそらく、わたくには対極!思われているようで。。何しろガールズ!でございますからね。)


ま、そんなこんなで、
自分のイメージに無い様な分野にも挑戦したりしております。



情景座のダンスは、ジャンルで言いますと、ジャズダンス、という部類になるかと思いますが、、

わたくしの専門がジャズダンスでございますので、
まぁ、、ジャズダンス、となりますか。。


しかしまぁ、ジャズダンスというのは、なんでも有りな感じですので あまりスタイルを意識した事はないのです。


わたくしは、ジャズダンスを長年 学んで参りましたが、その先生によって、随分違いがございました。
ですから、ほんと、何でもアリと感じております。


ただ、ジャズダンスの基本はバレエですので、
そして、わたくし自身も そう感じておりますので、

とにかく、バレエ、、
それから それを発展させてのジャズの型、、


そこは、大切にして、、
指導の際も 振り付けの際も 意識しております。



稽古では ひたすらその型を正確に守るようにして、、

振り付けを踊る際は あまり意識せず 自由に踊るようにしております、、

しておりますし、それが醍醐味にも感じます。


醍醐味でありますから、その為にも
型を学ぶ事には執着して、 集中した時間にする様にしております。



稽古に終わりはありませんね。




さて…………

自由に踊る為に、
イコール 踊りで表現をするために 身体作りの稽古をしておりますと、、


『あ〜、もっと!踊りたい、!表現したい!てか、踊らせてっ!』
と、思うのです。

自由に踊りたい!
表現したい!


と、思うのです。


で、ステージを創らねば!と、なるわけです。

あるいは、誰かステージを創って!わたしを端っこでよいから 踊らせてっ!!


と、願う訳です。

しかし、ステージは様々な条件や環境や、、
まぁ、そうそう簡単には創れませんから フラストレーションが溜まるのですね。

フラストレーションが溜まると、ため息なども出てしまいますから、、困ったものです。

先日、、フラストレーション打開策を考えておりまして、
『じゃあ、、あらゆる稽古の後半の振り付けの時 、自分のそんな想いを発散させて自由に踊ったら、満足するんじゃないかな、、』

と、考えたのでした。
そしたら、スカッとして、モチベーションが上がるかな、、と。



果たして、、


………しかし……………


ざぁちょさんは、クソが付くほど真面目、というか頭が石頭なので、、


結局『今は稽古だから』
と、クソ真面目に考えながら踊る自分がおりました。



どうやら、わたくし、
舞台上でなければ、自由に踊れないヤツの様でございます。。


何か打開策はないものか。。
意識変革が必要か。

この、ステージの無い今
この今の過ごし方が、今後を左右するのかもしれません。


とにかくは、、大切に日々を過ごそうと 思ったざぁちょさんでした。



皆様は、どんな毎日を送っていらっしゃいますか?

また近況報告など いたしますので、どうぞ聞いてくださいませね。ふふ。



アデュー♪


| - | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0)
御無沙汰のある情景
14131258867670.jpg
新年 明けましておめでとうございます。

大変大変 御無沙汰しておりました ざぁちょさんです。


まぁ、なんと長い間、この座長の楽屋の扉を閉めきっていた事か!!


皆様、今宵も座長の楽屋に ようこそお越しくださいました。

すっかりの御無沙汰、大変失礼いたしました。
閉めきっておりましたから、少しカビ臭いでしょうか??ふふふ。




あらためまして、、
明けましておめでとうございます。


2015年が始まりました。
皆様にとって、わたくしにとって、そして情景座にとって、
どんな一年になるでしょうか?

ワクワクの新年でございますね。



昨年 2014年は 座長であるわたくし、座員達、すたっふぅ達も、それから 出演者達も

情景座劇場公演に ひたすら向かった一年でございました。

正確には、、半年ちょっと?ですが、、



何せ 九月の公演後は、情景座 随分 大人しくしておりましたから。。


と、、いやいや、
先月12月には、StrangeArtifact様とコラボステージがございましたが!ね。


Twitterなどで 呟きましたが、2014年の最後の最後を、情景座のステージで閉める事が出来て、、

わたくし、色々と考える機会を得ることが出来まして、、

ほんと、最後の最後まで、有意義な一年でありました。(MaRy様!ありがとうございました!)



さぁて…………
新しいこの2015!
どのように情景座を展開して参りましょうか。。


わたくし、、まずは 精進精進!と 気持ちを奮い立たせておりますよ。

初心を思い出し、気持ちを新たにしております。



ぶっちゃけたお話しになりますが、、

ほんと、、もぉ、、、!!
わたくし、この数ヵ月 諸々の想いを
本来 この場で皆様に語ったり、語ったり!語ったり!!すべきでありますのに、、

制作に時間を掛けた公演を終えたからでしょうか??

諸々の巡る考えは、わたくしの脳内にて自己完結し
表に発する事が 出来ずにおりました。

ごめんなさい。



が、なんと申しましょう?

公演の様に 劇場において、
その日、
その瞬間に
その場で

ダンス表現をもって、
誠心誠意 伝える作業

それを共有してくださる客席の皆様、、

そんな『時』の後では、
なにしろ、言葉でお伝えする事が 薄っぺらく思えてしまって、、

何をどう言葉に変えても 薄っぺらくて薄っぺらくて、、

何度も下書をしたものの、
それらは 日を追うごとに 言葉の薄っぺらさを際立たせているだけに感じて、、


あぁ、そうですね。
やはり、ダンサーは踊ってナンボなのでしょう。。

言葉抜きのダンス表現 。



ふふ、まぁ、それでも、
ダンス以外でも、お伝えしたい事も 沢山ございますから、
結局 わたくしは
わぁわぁと話しまくるのでしょうが。。


ですから どうぞ皆様、
また このわたくしの『座長の楽屋』に遊びにお越しくださいませね。


わたくしも、情景座も
本質は変わらないのでございます。


アデュー♪

| - | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0)
作品解説『Mirror 』
14130909980290.jpg
ざぁちょさんです。

本日も 座長の楽屋にようこそお越しくださいました。


さて、本日は 3曲目に上演いたしました作品
『Mirror』のお話を。。



文字通り 『Mirror』
つまり 鏡のある情景でございます。



鏡の中の世界は、わたくしにとって非常に興味深く、

おそらく 多くの方が そう感じるのでしょう。

ホラー映画、ファンタジー映画等にも 頻繁に出て参りますね。



鏡の中から 人が出てくる手が出てくる魔物が出てくる…………ふふ、好物好物!


わたくしが、鏡を思う時、

それは『無音の世界』が浮かびます。




魔物が出てくる!多いにそそられるのでございますが、
こちらの世界が、夜中ならば…………そうですね、魔物が出て来ますね。


が、早朝だったり 真夏の日中だったり、、
なんか、誰も出てきませんね。ははは。



なので、先入観を取っ払いましたら、、
やはり、『無音の世界』に落ち着きました。


無音の対極は、わたくしにとっては
『噂話』でありまして、、
それも かしましい女性達の 話し声でありまして、


車の騒音…………うるさいな
小鳥のさえずり…………癒される
ロックミュージック…………エキサイト!


『噂話』…………気になる、が、聞きたくない、でも気になる、、気になる、、


深く精神に刺さるのが 噂話かと。




さて、
白雪姫に出てくる大きな鏡
成長した白雪姫

侍女達。噂話をこそこそとする侍女達。


どんな会話?
気になって 捕らわれてしまう。

鏡から魔物が出てこないのだけれど、しっかりと捕らわれてしまう。


身体ではなく、心が捕らわれてしまう。



鏡を覗き込む。
そこには、捕らわれてしまった姿が映し出される。


最初は 小鳥のさえずりに 幸せな気持ちになっていたのに、
もはや、それらも耳に入らなくなる。


心が捕らわれてしまうと、
聞くべき事も 聴くべき音も
耳に届かなくなる。


一番捕らわれてはいけない事が、
一番捕らわれてしまうモノで、

大切な事は 案外 耳にも心にも 届かないモノで、、



捕らわれた先には 囚われた姿しかなくて、


囚われた姿を鏡の中に 見いだして

でも、否定するその鏡の中の自分には、
無音の世界であるから、何を言っても 何も届かない。



そんな情景。。


その一部始終を 眺めている芋虫。


彼女は 何を感じたのでしょうか。。




お客様からは、鏡に翻弄される 中村 愛の存在感と、侍女達の中世ヨーロッパな衣装が、好評をいただきました。


通り抜け出来る大きな鏡と侍女達のトンガリ帽子は、ふふ、わたくし、いつもの針金アートで 頑張りました。



聞きたくないのなら、耳をふさげば良いけれど、
鏡の中は、無音であるから、耳をふさいだ所で 聞きたくない物事は、耳に滑り込んで来る、


という、、ラビリンスな発想で考えてみました、ふふ。
煙に巻いておりますかな?



この情景は、五感の『聞く』をテーマにいたしました。




さて!お次は『Blindness』

お楽しみに!!

アデュー♪





| - | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
スマホ版
スマートフォン版はこちら
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE